Recent entries
2009/09/09 (Wed) ロビイスト
2009/07/11 (Sat) 快刀ホン・ギルドン
2009/06/21 (Sun) ロッテ免税店CM。
2009/05/15 (Fri) オンエアー
2009/05/01 (Fri) 9回裏2アウト
2009/04/29 (Wed) チュ・ジフン
2009/04/28 (Tue) ゲームの女王
2009/04/25 (Sat) ファン・ジニ
2009/04/22 (Wed) 愛情の条件
2009/04/17 (Fri) 花咲く春には
2009/03/22 (Sun) 犬とオオカミの時間
2009/01/23 (Fri) ハン・ヒョジュ
2009/01/22 (Thu) 宮 ~Love in Palace
2009/01/21 (Wed) 90日、愛する時間
2009/01/19 (Mon) ユン・ウネ
2009/01/17 (Sat) 白い巨塔
2009/01/16 (Fri) 悲しき恋歌
2009/01/16 (Fri) 京城スキャンダル
2009/01/15 (Thu) ソ・イヒョン
2009/01/15 (Thu) キム・ミンジョン
2009/01/15 (Thu) ユ・スンホ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7ab2368d.jpg
37a68783a82d972ed9f8596b42099f06.jpg

ホジュン(許浚)
허준
MBC 1999年~2000年 全64話
 
チョン・グァンリョル…ホ・ジュン(許浚:医員)
イ・スンジェ…ユ・ウィテ(ホ・ジュンの師匠)
ファン・スジョン…イェジン(医女)
ホン・チュンミン…イ・ダヒ(ホ・ジュン妻)
チョン・ヘソン…ホ・ジュンの母
チュ・ヒョン…ホ・リュン(ホ・ジュン父):特別出演
オ・テギョン…ホ・ギョム(ホジュン息子)
リュ・ドッカン…ホ・ギョム(少年役)
ペク・ソンヒョン…ホ・ジュン(子役)
イ・ヒド…ク・イルソ
イム・デホ…チョン・ヤンテ(ホ・ジュン弟分)
キム・ヘスク…ハマン(ク・イルソ妻)
チェ・ウンジュ…オンニョン(ク・イルソ娘)
ユン・ギウォン…チャン・マンドク(オンニョンの夫)
チョン・ウク…サムジョク大師(ユ・ウィテ友人)
ハン・インス…アン・グァンイク(サムジョク大師の友人)
パク・チョンス…ユ・ウィテの妻
チョ・ヒョンスク…ドジの妻
シン・グク…コクセ(門下生)
ナ・ソンギュン…プサンポ(門下生)
イ・スク…ハドン(下働き)

チョ・ギョンファン…ヤン・イェス(御医)
パク・チョングァン…チョン・ジャク
パク・クァンナム…キム・ウンテク
ムン・ヒウォン…ソン・ハッキュ
キム・ビョンセ…ユ・ドジ(ユ・ウィテ息子)
メン・サンフン…キム・マンギョン
チョン・ホグン…チョン・テウン
ホン・ソンソン…イ・ミョンウォン
チョン・スンホ…チャン・ハクト
イム・ヒョンシク…イム・オグン(種薬署員)
オム・ユシン…トクム(御医女)
チェ・ラン…ホンチュン
ソン・ヒョナ…ソヒョン
イ・ヒョンギョン…セヒ
イ・ジュヒ…チェソン
イ・イプセ…オンジ
イ・スンア…オクチョン
クォン・ヨヌ…スヨン
コ・ジョンミン…医女
キム・ヘジョン…内医女
ヨ・ヒョンス…キム・サンファ
オ・ジョンソク…恵民署の湯薬房・搗薬使令責任者
ピョン・ヒボン…ソン・インチョル
チョン・ミョンファン…ペ・チョンス
パク・ヨンジ…チョン・ソンピル
イム・ホ…イ・ジョンミョン(従事官)
ハン・ヨンス…ユン判官
ソ・ボムシク…捕盗庁長官の配下

パク・チャンファン…宣祖(朝鮮第14代王)
ホン・ウニ…中殿
チャン・ソヒ…仁嬪(宣祖の第二側室)
パク・チュミ…恭嬪(宣祖の第一側室,光海君の母)
キム・スンス…光海君(朝鮮第15代王)
チェ・サンフン…キム・ゴンリャン(仁嬪の兄)
チュ・ミンジュン…イェジク(恭嬪の弟)
ペク・ナヨン…至密尚宮
イ・ユリ…女官

ユン・ヨジョン…ソン・インチョルの妻
チャ・グァンス…ソン・ミョンフン(ソン・インチョル息子)
イ・ギョンア…サムジョク大師の妻
クァク・チョンウク…ケトン(サンファ):子役
イ・ゲイン…ドルセ
イ・ジェポ…チャン・マンス(医員)



SYn_eINo.jpg

『ホジュン』は韓国の大河ドラマ史上初めて
60%の視聴率を記録したドラマという評判を聞いても
期待を裏切らない面白さだと思う。

元々40話の予定が伸びに伸びて全64話になったというから
当時の人気がうかがえる。

全体的に、韓国の時代劇は現代劇に比べ、
出来が良い様に思う。

このドラマが作られてから少し経っているのですが
あまり古臭く見えないのは時代劇だからかも。

実はこのドラマ結構立て続けに2度観た。

長いので最初の方の印象が薄くなってくるとはいえ、
1度観て間もないので記憶に残っているにも関わらず
ストーリーに引き込まれた。

c0012837_04495.jpg

韓国の俳優さんはとにかく演技が上手いのだが
この主役のホジュンを演じたチョン・グァンリョルも
実際の年齢から数十歳若いであろう年代から
演じているのだが本当に若く見えるから不思議。
(朱蒙[チュモン]のソン・イルグクでも感じた。)

チョン・グァンリョルといえば、多くの時代劇で
王様役をやっているイメージもあるが、
このドラマのホジュン役が初の主役で他の候補者の中から
熱意を買われ選ばれたらしい。

ホジュン役の候補には『初恋』『あの青い草原の上に』
『太陽人 イ・ジェマ~韓国医学の父~』『海神 ( ヘシン ) 』など
で主役のチェ・スジョンが上がったそうで、
すでに当時主役で活躍していたので、もしかすると
チェ・スジョンがホジュンだったかもしれなかった。

まぁーこのホジュンはチョン・グァンリョルの熱演があったからこそ
「ホジュンシンドローム」と言われたドラマ放送日には
皆が家に帰ってホジュンを鑑賞するという現象が生まれたのだろう。

7000023596500if.jpg

イェジンの役は、このドラマオリジナルのキャラクターで、
ストーリーを面白くする為に重要な役になっている。

事実、この年の最優秀賞をホジュン役のチョン・グァンリョルと
競ったという。

しかしこのイェジン役の女優ファン・スジョン、
清楚で上品なイメージをぶち壊すように2001年、
麻薬所持で逮捕され手錠姿までもがテレビで流され、
姦通罪でも拘束されたそうだ。

服役後、現在は芸能界に復帰しているが、あのイェジンがと、
当時の衝撃は凄まじかっただろうと想像出来る。

ちなみにホジュンの奥様イ・ダヒ役のホン・チュンミン…
演技がぎこちなく感じていたのだが、キャラクターのせいかと思ったら、
彼女のデビュー作だったようで、納得。

役のキャラに合っていると思えば問題ないかも。

51KgLoG2B1VL.jpg

シリアスな場面を引き立てるためにも
お笑いに徹した演技で盛り上げるキャストがいるのは
イイのだが、このドラマはその人数が結構多め。

ホジュン一家を世話したりされてりして助け合いながら
長い間一緒に過ごすク・イルソ一家は全員お笑いキャラだし、
イム・オグンの役で『チャングムの誓い』のカン・ドックでもお馴染みの役者
イム・ヒョンシクは今回も期待を裏切らないコミカルな演技で
ほのぼのと楽しませてくれる。

少し気になったのはキム・サンファ。

難病患者時代は気性の激しいキャラなのだが、
その後、医員を目指す為に再会した時、まるで別人のように
か細い声でしゃべっているので「誰?」と言いたくなる。

キム・サンファ役のヨ・ヒョンスはイ・ビョンホン主演の映画
『バンジージャンプする』での印象があるが、それ以外の印象がない、
他でもみたい気がするのだが…

恭嬪様の美しさには見とれた。

側室ではあるが長年王様の寵愛を受け続けた役に合う
気品あふれる印象の女優さん。

どうやらこの女優さん出演作品が少なく、、
結婚、出産後お仕事をセーブしている様ですが
その美しさでCMなどで活躍しているそうです。

ドラマであまり見られないのが残念です。
『女人天下』のキーセン役で美し姿が見られるようなので
機会があれば楽しみにみたいと思います。

大河ドラマは長いのですが最後までホジュンは飽きずに
時に泣き、笑い、怒りながら夢中で見られる時代劇です。

時代劇は男性向きのものが多いですが、本作品は
年代性別を問わずに楽しめる点も人気の秘密かもしれません。

かなりオススメの時代劇です。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


管理人の承認後に表示されます【2012/05/05 15:13】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 【韓ドラ】チョアなものはチョア。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。