Recent entries
2009/09/09 (Wed) ロビイスト
2009/07/11 (Sat) 快刀ホン・ギルドン
2009/06/21 (Sun) ロッテ免税店CM。
2009/05/15 (Fri) オンエアー
2009/05/01 (Fri) 9回裏2アウト
2009/04/29 (Wed) チュ・ジフン
2009/04/28 (Tue) ゲームの女王
2009/04/25 (Sat) ファン・ジニ
2009/04/22 (Wed) 愛情の条件
2009/04/17 (Fri) 花咲く春には
2009/03/22 (Sun) 犬とオオカミの時間
2009/01/23 (Fri) ハン・ヒョジュ
2009/01/22 (Thu) 宮 ~Love in Palace
2009/01/21 (Wed) 90日、愛する時間
2009/01/19 (Mon) ユン・ウネ
2009/01/17 (Sat) 白い巨塔
2009/01/16 (Fri) 悲しき恋歌
2009/01/16 (Fri) 京城スキャンダル
2009/01/15 (Thu) ソ・イヒョン
2009/01/15 (Thu) キム・ミンジョン
2009/01/15 (Thu) ユ・スンホ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070906091407_114_0.jpg
img6afb49d2zikfzj.jpg
img0c1d9bf4zik4zj.jpg

犬とオオカミの時間
개와 늑대의 시간
MBC 2007年 全16話

イ・ジュンギ…イ・スヒョン/Kay
ナム・サンミ…ソ・ジウ/アリ
チョン・ギョンホ…カン・ミンギ
チェ・ジェソン…マオ(ジウ実父・チョンバンのボス)
チョン・ソンモ…ソ・ヨンギル(ジウ養父)
イ・ギヨン…カン・ジョンホ(ミンギ父,情報院室長)
ソン・ジル…ビョン・ドンソク(元情報院)
キム・ジョンナン…ユ・ギョンファ(スヒョンの母・検事)
イ・ミヨン…ミョンエ(ミンギの母)
ホン・チュンミン…ヘソン(ジウの母)
ハン・チャンヒョン…イ・ドンジョ(スヒョン父)
パク・コンテ…子役:スヒョン
チョン・ミナ…子役:アリ(ジウ)
キム・ガプス…チョン・ハクス(情報院部長)
チョン・ギョンスン…オ・スンジュ(情報院課長)
パク・ヒョックォン…パク課長(情報院)
ソ・ドンウォン…チェ・イルト(情報院・捜査員)
パク・ヘウォン…コ・ミョンジェ(情報院・捜査員)
ムン・ジェウォン…ユン・ホヨン(情報院・捜査員)
チェ・ジホ…ジラフ(チョンバン・マオの部下)
チャ・スヨン…シャオミン(マオの妻)
パク・ヒョジュン…アファ(チョンバン・Kay弟分)
イ・テソン…ぺ・サンシク(コミ派→チョンバン)
パク・チョンウ…ムン理事(チョンバン・BSエンタープライズ)
チョン・ホビン…チョン会長(コミ派)



1b1516ef.jpg
955138782210459507.jpg

「夕暮れ…全てが赤く染まり、
あの丘の向こうから近づいてくるシルエットは、
私が育てたイヌなのか、
それとも私を殺しに来たオオカミなのか見極めにくい時間…。」
の事を犬とオオカミの時間というらしい。

最後のイ・ジュンギのセリフにもなっているので、
このドラマの意味が分かってスッキリと感動。

とにかく、久々に続きが気になって睡眠時間を割いてまで
観てしまった。

忙しい人には要注意です。

目が離せないストーリー展開でイ・ジュンギの魅力満載。
イ・ジュンギの為のドラマとも言えるかも。

韓国ドラマでは、意味不明に髪型が変わる事が良くあるのだが、
このドラマでは効果的に髪型が変化しているので、
観ている方も分かりやすい上楽しめる。

少なくとも大まかに分けて5回ほどは変わっている。
細かく分ければもう少し変わってるのかも。

というのもイ・ジュンギが演じる役自体に変化が多いので
正確には難しい。

まぁー細かい事を言えば、やはりそこは韓国ドラマなので、
ツッコミどころは満載だが、小さな事にこだわらずに観ればかなり面白い。

ありえねぇーと感じる事や、何で?それでいいの?と
突っ込みたい場面は沢山あるが気にしていては楽しさ半減。

cb2ecb2d.jpg
inutoookaminozikann01.jpg

ソ・ジウという役の女性の魅力がいま一つ描ききれていない様な気が…

例えば、魅力的な男性2人が命をかけるほど愛する女性なら
視聴者が納得する材料が欲しい。

カン・ミンギにしても、惜しい描かれ方をしている気が…
もう少しカッコ良く描いて欲しかった。

この2人がもっと魅力的に描かれていると、
もっとグッと来たのではないかと思う。

そういう所が、イ・ジュンギの為のドラマと言われてしまう理由だな。

イ・テソン演じるぺ・サンシクは最後までチンピラ感のあるキャラだが
なんといってもカッコよく、光っていた。

是非、他の役でも観てみたい。

タイランドの主人ビョン・ドンソクはなかなか良いキャラクターで
ドラマを盛り上げてくれた。

ミンギの父かん室長役のイ・ギヨンはやっぱりイイ!

無口なマオの部下ジラフは最後まで無口な理由が気になったが
やはり判明せずに終わった。

情報院のミンギの先輩役のソ・ドンウォンは『兄嫁は19歳』とは別人の
渋めの役だったので逆に笑ってしまった。

インパクトの強い役を見た後だと仕方ないよねぇー

U1343P28T3D1631161F326DT20070709152843.jpg

マオは金髪でサングラスが北野武とカブってる。

正面からのバストアップのカット何度かあるので
そのたびに似てると思った。

マオ役のチェ・ジェソンは『勝負師』の時カッコいいと思っていたが、
少し老けたかな?という印象。太った?

しかし、この役は渋くてイイ役。

実はこのドラマメインの画像にはない
イ・スヒョン(Kay)とマオが主役という気がする。

全体的に心理や感情があまり丁寧に表現されていないのは残念。
特に最後のマオとのシーンは思ったよりあっさりと終わってしまった。

なのでストーリにはグイグイ引っ張られたが
観ていて涙が止まらないという作りではない。

最後は「ん?」と思う余韻をいくつか残していて
その後どうなるかは視聴者の感性にお任せ?
という感じなのかも知れないが、まぁー満足の終わり方だと思う。

かなり夢中になって観れた作品だけに
もう少し…という印象もあるが、高評価のお薦めドラマであることは
間違いないと思う。

面白かった!

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 【韓ドラ】チョアなものはチョア。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。