Recent entries
2009/09/09 (Wed) ロビイスト
2009/07/11 (Sat) 快刀ホン・ギルドン
2009/06/21 (Sun) ロッテ免税店CM。
2009/05/15 (Fri) オンエアー
2009/05/01 (Fri) 9回裏2アウト
2009/04/29 (Wed) チュ・ジフン
2009/04/28 (Tue) ゲームの女王
2009/04/25 (Sat) ファン・ジニ
2009/04/22 (Wed) 愛情の条件
2009/04/17 (Fri) 花咲く春には
2009/03/22 (Sun) 犬とオオカミの時間
2009/01/23 (Fri) ハン・ヒョジュ
2009/01/22 (Thu) 宮 ~Love in Palace
2009/01/21 (Wed) 90日、愛する時間
2009/01/19 (Mon) ユン・ウネ
2009/01/17 (Sat) 白い巨塔
2009/01/16 (Fri) 悲しき恋歌
2009/01/16 (Fri) 京城スキャンダル
2009/01/15 (Thu) ソ・イヒョン
2009/01/15 (Thu) キム・ミンジョン
2009/01/15 (Thu) ユ・スンホ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

522444a0_15.jpg
2007102F312F052Fc0061405_10301681.jpg
10011229374.jpg

90日、愛する時間/90일, 사랑할 시간
MBC 2006年 全16話

カン・ジファン…ヒョン・ジソク
キム・ハヌル…コ・ミヨン
チョン・ヘヨン…パク・チョンラン
ユン・ヒソク…キム・テフン
キム・ヒョンボム…パク・トック(ジソク親友)
チェ・ソンホ…プ・ビョンチャン(ジソク親友:医師)
ユン・ヒョンスク…キム・ワルスク(ミヨンの先輩)
イ・ジェヨン…ヒョン・サンマン(ジソクの父)
キム・ヘオク…ジソクの母
ハ・ジェヨン…コ・ワンボン(ミヨンの父)
ソン・ヨンテ…チョンランの父
ナム・ユンジョン…ペ・ヨニ
アン・ヨンジュン…チョヨン(ミヨンの甥)
パク・チオン…ヘジン(ジソクの娘)
ソ・ユンジェ…テフンの姉


90days001.jpg
20081203-140428-8286447.png

こういうテーマのものは韓国ドラマに限らず多いので、
飽きずに見るには、役者さんが好みに合ってるかが大切だが、
役のキャラや演技や話の展開も重要で、
このドラマはその意味で合格だと思う.

見るたびにカン・ジファンは魅力的な俳優さんだと思う。

高校生を演じた時の幼さや可愛らしさもたまらない。
普通に彼の年齢を考えるともう少し違和感を感じるはずだが、
驚くほど自然だったように感じた。
(中には違和感を感じた人もいただろうが…)

このドラマでの彼は難しい心理状態を表す演技が
あまりにも自然ですごく上手く演じていたと思う。

病気の演技も涙の演技もとても自然に見えた。

この時期は彼自身役と共鳴して精神的に辛い時期が続き
撮影が終わってもしばらく引きずったらしく、
だからこそあの素晴らしい演技が自然に見えたのだろう。

90nitiaisuruzikan.jpg
2007112F122F062Fc0104506_20424721.jpg

キム・ハヌルはさすがメロの女王と言う演技で
カン・ジファン演じるジソクととても良く合っていたと思う。

彼女も見慣れてるせいか高校生姿に違和感を感じなかった。

ジソクの妻チョンラン役のチョン・ヘヨンはどうしても
あまりにも強烈な印象を残したせいで『火の鳥』の
ミランを思い出してしまう。
(あれは怖かった~)

今回の役はもう少しまともな女性なので良かった。

このドラマで実は1番可愛そうなのは彼女かもしれない
と、思わせる役回り。

ユン・ヒソクは初めて観たかな?

彼の演じるキム・テフンはトコトン良い人かと思いきや
途中にアレレとなったので、逆に腹黒い人にも
見えてしまったのが残念。

トコトン穏やかな人間という描き方は韓国の人物像では
存在しないのかも、このキム・テフンが限界なのかな?

結局、ものすごく優しい人だという事は分かるんだけどね…

View_20061116174436838.jpg

パク・トック良いね!
キャラもい良いけど演じているキム・ヒョンボムのイメージ通り。

だが、この年で童貞どころか、女性と付き合った事も
キスしたこともないという設定は冷静に考えてキモいから
そろそろやめにしない?

0(ゼロ)ではなくせめて少ないという事でいかがでしょう?

キム・テフンの姉の家にもしや!?と思う俳優さんが出てくる。

声を聞いて全体の雰囲気を見てチラッとうつる顔を見て
たぶんそうだと思っていたが、やっぱりアン・ヨンジュンだった。
何とも勿体ない登場の仕方です。

このドラマは冒頭でラストが予測できる切ないラブストーリーですが、
悲しいだけでないカン・ジファンの魅力溢れるドラマです。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 【韓ドラ】チョアなものはチョア。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。