Recent entries
2009/09/09 (Wed) ロビイスト
2009/07/11 (Sat) 快刀ホン・ギルドン
2009/06/21 (Sun) ロッテ免税店CM。
2009/05/15 (Fri) オンエアー
2009/05/01 (Fri) 9回裏2アウト
2009/04/29 (Wed) チュ・ジフン
2009/04/28 (Tue) ゲームの女王
2009/04/25 (Sat) ファン・ジニ
2009/04/22 (Wed) 愛情の条件
2009/04/17 (Fri) 花咲く春には
2009/03/22 (Sun) 犬とオオカミの時間
2009/01/23 (Fri) ハン・ヒョジュ
2009/01/22 (Thu) 宮 ~Love in Palace
2009/01/21 (Wed) 90日、愛する時間
2009/01/19 (Mon) ユン・ウネ
2009/01/17 (Sat) 白い巨塔
2009/01/16 (Fri) 悲しき恋歌
2009/01/16 (Fri) 京城スキャンダル
2009/01/15 (Thu) ソ・イヒョン
2009/01/15 (Thu) キム・ミンジョン
2009/01/15 (Thu) ユ・スンホ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wallpaper01_1024.jpg
a0002701_10085550.jpg
CapitalScandal.jpg

京城スキャンダル(ケイジョウスキャンダル)
경성스캔들
KBS2 2007年 全16話

カン・ジファン…ソヌ・ワン
ハン・ジミン…ナ・ヨギョン
リュジン…イ・スヒョン
ハン・ゴウン…チャ・ソンジュ
カン・ナムギル…キム・タック(ちらし編集長)
ホ・ジョンミン…シン・セギ(ちらし記者)
コ・ミョンファン…ワン・ゴル(ちらし記者)
イ・ギョンジン…コ・ジンミ(ヨギョンの母)
アン・ヨンジュン…カン・イノ
ユン・ギウォン…イ・ガング(巡査部長)
アン・ソクファン…上田守(総督府保安課長)
キム・ヘオク…上田幸子
オム・ヒョンギョン…上田美幸
チェ・フィリップ…山下コウジ(総督府勤務)
チャン・テソン…チュ・グントク(ミョンビン館支配人)
パク・ハソン…ソ・ヨンラン(ミョンビン館芸妓)
チョ・スジョン…ナニャン(ミョンビン館芸妓)
イ・ソヨン…ウォルソン(ミョンビン館芸妓)
チュ・ミナ…ソホン(ミョンビン館芸妓)
ユン・ジュサン…ソヌ・カン(ワンの父)
ユン・イェヒ…ホ・ヨンファ(ワンの継母)
キム・ファニョン…ソヌ・ワン(少年役)
チェ・ミンス…イ・スヒョン(少年役)
オ・スンユン…ソヌ・ミン(ワンの兄)
イ・ボラ…チャ・ソンジュ(少女役)
パク・トンイル…コン男爵
ソ・ヒョンギ…マンチ(人力車夫)
チェ・ウヒョク…ピルソン
ハン・テイル…ソヌ家執事
ユ・ヒョングァン…スヒョン父
チェ・ヨジン…ミジャ(1話)

capital_scandal01.jpg
Capital_Scandal.jpg

笑って泣いて良いドラマだったと思う。
すっきりと気分爽快な終わり方だったし、満足。

少し問題は、基本、反日ドラマだということ。

韓国が日本に統治されていた日帝時代のドラマで、
日本人は悪者役として描かれています。

過去の日本の行いに対する懺悔の気持ちと、
韓国の反日感情に対しては、感じい気持ちになりました。

本当に悲しい…

大好きな俳優さんが役とはいえ、日本を敵とみなし
過酷な運命と闘っていく姿を見ると日本人である自分も
嫌われている気がして悲しいです。

ga21.jpg
34619fd9.jpg

とはいえこのドラマ、なかなか出来の良いドラマだと思います。

カン・ジファンのコメディタッチな演技はオーバーで笑えるし、
それなのに見ているこちらはウットリしてしまう。

さすが、「10分あれば京城(現在ののソウル)中の女をモノにできる」
と豪語する京城のプリンス役。ピッタリです。

ソヌ・ワンの小指を立てて飲み物を飲むしぐさは
デスノートのエルを真似たそうです。
まさかエルがあんなに色っぽくなるとは…

どのドラマも日本語のセリフは驚くほど聞き取れないのだが
カン・ジファンの日本語はバッチリでした。
丁寧で聞き取りやすいはっきりとした発音で大満足。

リュジンの役どころにしては今回のこのイ・スヒョンの役
オイシイ役でしたねぇー

大概、今までのドラマでは、恋に破れて復讐するか、
相手を思い身を引くかで残念な役が多いのですが、
今回の愛は実を結び、結局幸せになったかどうかは別として、
最初から最後までカッコ良い役はあまりないと思います。

img1d96bee5zikdzj.jpg
kyonsu.jpg

主要キャスト4人の中ハン・ジミンは、高身長でスタイル抜群の
3人の俳優さんに囲まれて1人小さく見えました。

モダンガールに華麗な変身を遂げた時の可愛らしさったら
普段の黒と白のチマ・チョゴリからのギャップがなくても十分素敵。

ハン・ゴウン演じるチャ・ソンジュはドラマ前半はコスプレ状態で
似合ってるんだか分からない格好もあったけど、
良い意味で楽しめた。

和服だけはどのドラマで見ても、柄といい、色といい、
帯との組み合わせ、着付けどれをとってもご勘弁だけど
まぁー頑張った方かも。

最後の演技では言葉に出来ない美しさでした。

「ちらし」の方々はお笑い部隊で、期待を裏切らず、
登場のたびに毎度笑わしていただきました。
ブラボー

悪役の日本人役を引き受けた方の中でも特に山下役の
チェ・フィリップ
可愛そうというか、なんだか申し訳ないような有難いような。

彼メガネかけて笑うと小さなヨン様って感じ。
なかなか似てるのよ。

反日は置いて観ると素晴らしく楽しめる満足のドラマです。

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 【韓ドラ】チョアなものはチョア。, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。